障害に見舞われる人の手相とは?生活面のトラブルに気をつけて

○生命線上を横切る障害線は、社会的信用や評価を失う可能性が…

障害線と生命線

障害線とは妨害線とも呼ばれる、その名の通り障害や妨害が現れることを予兆する線です。 運勢を表す線を断ち切るように直角近い形で出現し、その線が意味する運気を邪魔します。


生命線を横切る障害線は、生活面にも大きなダメージを受けることになるトラブルの兆候。 長くても短くてもよくありません。 離婚や会社の倒産など、様々な災難が考えられます。


特に親指の付け根の膨らみである金星丘は、愛情を表す丘。 ここから生命線を横切るように伸びている障害線は、大切なものを失うことを暗示しています。 自分勝手な行動や私欲に走った行いをすれば、それが原因となって社会的な信用や評価を失うことになるので気をつけましょう。 自分の利益を追求した結果会社での信用が失われて降格したり、浮気に走った結果家庭が崩壊したりする事態になりそうです。

社会的信用を失うのが怖い…
今後、どんな障害が待っているか不安…
幸せになれるアドバイスを致します

あなたの運勢をもっと詳しく見る

手相を見て、自分の身に障害や妨害が来るのか把握しよう

○運命線上を横切る障害線は、金銭トラブルに遭う可能性が高い

障害線と運命線

運命線は、仕事や周囲の環境、人生の運勢などを表す線。 この線上に障害や妨害を表す障害線が現れるということは、自分が原因ではないトラブルに巻き込まれるということです。


特に金銭に関する問題には要注意。 会社の倒産や投資の失敗などが予想されるので、お金に関する事柄には慎重になりましょう。 行動が裏目に出る予感があるので、善意であっても他人へのお金の貸し借りはやめておくことをおすすめします。 信用した相手に裏切られてしまうかもしれません。 交渉を行うことで解決することがあるので、頼みに気安く応じる前に別の解決策がないか模索してみましょう。


また障害線が長くハッキリとしているほど苦しみも長く続き、大きくなる傾向があります。 事前に心構えを持ち、慎重に行動することでトラブルを回避できるでしょう。


○幸せなイメージを持って合掌のポーズをすると、障害線が消える可能性が高い

合掌のポーズ

障害線は、今のまま進むとこんな未来になってしまうという警鐘です。 心がけ次第で運命は変化させられるもの。 努力して障害線を消せば、災難を避けてトラブルのない未来を掴むこともできるでしょう。


そのためにおすすめなのは、手のひらと手のひらを合わせる合掌のポーズです。 神様を拝む時のあのポーズを取ることで、自然と周囲に対する感謝の気持ちが生まれ、前向きな心になるでしょう。 神様のご加護を受け、運気を回復させていくことができるはず。


また手のひらを合わせることで摩擦が生まれ、物理的にシワが消えるという効果も期待できるでしょう。 ポイントは幸せなイメージを持つこと。 「自分は恵まれている」というプラス思考を持つことでマイナスエネルギーを消すことができるため、障害線がだんだんと薄くなってくるはずです。

恋愛成就出来る占いをする