好きな人が夢に出るおまじないで楽しい時間を過ごせるかも!

○夢の中で幸せな気分に浸れる

片思いをしている時というのは、せめて夢の中だけでも両想いでいたいと思いますよね。 そんな時にやって欲しいおまじないがあります。


用意するものは、絆創膏と鷹の爪とも呼ばれる、形のある状態の唐辛子、コーヒーカップ、カップを乗せる受け皿、 それに絆創膏に片思いの相手の名前を書くためのピンクのペンです。


まず、絆創膏の封を開け、内側に相手のフルネームを用意したペンで書き込みます。 そしていったん封を閉じ、絆創膏を両手で挟み胸の前で合掌のポーズを取ります。 ゆっくり呼吸しながら相手を思い浮かべます。


手が温かくなるのを感じたら、両手を下ろし、絆創膏を取り出します。 コーヒーカップを逆さにし、絆創膏で唐辛子を2本揃えてコーヒーカップの底に貼り付けます。 受け皿にカップを戻して準備は終わりです。

好きな人と素敵な時間を過ごしたい…
それを実現させてみませんか?

当たる占いであなたの運命を知る

やってみよう!好きな人が夢に出るための方法

○おまじないの具体的な方法と注意点

その日は寝るまでそのカップを使って、温かい飲み物を飲むようにしましょう。 ピンクは風水では、恋愛の色とされています。 唐辛子を2本並べたのは、二人の代わりです。 二人がより添っているイメージを固定させるために絆創膏で止めるのです。 それを温めて、自分でその飲み物を飲むことで、相手が夢に出てきやすい状況が作り出されるというわけです。


ここで、注意してほしいのは、家族や周囲の人に、絆創膏や唐辛子を見られないように気を付けることです。 何故なら、恋愛というのは、当人同士の関係ですし、片思いの場合は、特に周囲の人に知られない方がいいからです。 もし、自分が片思いしている相手の魅力に、友達が気づいてしまったら、ライバルが増えてしまいますよね。 恋愛は駆け引きでもあります。秘密にしておくに越したことはありません。


○好きな人が夢に出る効果を更にUP!

このおまじないの効果をさらに高める方法は、合掌している間、 今後、その相手とどのような関係になりたいかを意識することです。 そして、どんなアプローチ方法があるのか、また、相手に自分を意識してもらうためにどう接することができるかなど、 今の自分にできそうなことを考えてみてください。


こうなりたい、というイメージを自分の中にしっかり意識することで、 いざ相手とコミュニケーションをとる場面になった時、慌てずに対応することができるでしょう。 意識しすぎると緊張して何もできないのではないかと思うかもしれませんが、自分の中でシミュレーションを繰り返して練習し、 慣れておかないと、いざ現実にチャンスが訪れたときに、失敗してしまうかもしれません。


チャンスには前髪しかない、と言います。追いかけても捕まえられないのです。 いつ来るかわからないその時のために、イメージトレーニングをしておきましょう。

恋愛成就出来る占いをする