略奪愛ができる…強力なおまじないで好きな人との運命を繋げよう

○好きな人に恋人がいて、付き合うことをあきらめている方へ

人間の感情というものはコントロールしづらいもので、いけないと分かっていてもどうしようもないことも、時としてあるものです。 友だちの恋人を好きになってしまったりすることも、当てはまります。


既に恋人がいる相手の注意を惹き、あわよくば寝取ることを成功させたい、そこまではいかなくても振り向かせることを望むことは恋愛における駆け引きとしては、珍しいことではありません。 今回はそういった少し高度な恋の駆け引きに効果のあるおまじないを紹介します。


用意するものは、すきばさみ、ハート型の布、赤い油性ペン、そして少し意外かもしれませんが、泥水を少々です。 使い終わったプリンやゼリーなどのカップに半分程度用意してください。


ハート型の布は撥水加工のしてあるものは避けて、水がしみこみやすいように、古くなったタオルなどを切り抜いて用意しましょう。 ハート型の布に相手のフルネームを赤いペンで書き込みます。 それを泥水に沈めた後、引き上げたらすきばさみで2回切り、再び泥水に沈めておきます。

好きな人に恋人がいても、好きなものは好き!
危険な略奪愛を安全に攻略するために

当たる占いであなたの運命を知る

泥水を使う意味は?略奪愛ができる強力なおまじない

○注意点を守れば、おまじないの効果が発揮されやすい

すきばさみを使うのにもきちんとした意味があります。 すきばさみの刃で、相手の今の恋人との縁を断ち切り、すきばさみの刃のない部分から流れるエネルギーを自分とつなぎ合わせることができるのです。


恋人がいる相手を奪うという行為は一般的に言ってもあまり好ましい行為ではないため、それをしっかり自分でも認識するために、敢えて泥水の中にハートを沈めるということを行います。 恋愛の濁った部分を目に焼き付けておくことで自分の中に覚悟が生まれる効果があり、さらに泥は振り向かせる相手に自分がした、奪うという行為を見えなくしてくれる効果もあります。


このおまじないをするときに注意してほしいことは、ハートを沈めた泥水の入ったカップを部屋の西側に置いておくこと、そしてそれをこぼしたりしないようにすることです。 西というのは恋愛のエネルギーを受けやすい方位になるからです。


○おまじないの効果を上げて、略奪愛の環境を整える

このおまじないの効果をさらに上げる方法は、おまじないに使ったすきばさみを泥水の入ったカップと一緒の場所に置いておくことです。 すると互いに影響しあい、効果が高まります。


その際、すきばさみは必ず洗って綺麗にしておいてください。 物体の持つエネルギーは、物体そのものが汚れることで損なわれてしまいます。 汚れていては効果アップどころか、効果を減らしてしまうことになります。 カップの泥が沈殿して上澄みができるたびに、濁らせるとおまじないの効果が持続します。

恋愛成就出来る占いをする