恋愛運をアップさせるおまじないで運命の出会いを引き寄せよう

○出会いを求めている方へ

周囲の友達が次々結婚したり、年齢的にも婚期が近づいたりすると、出会いを求めて結婚運の運気アップをしたいと思う人がいるでしょう。 今回は、結婚運も上げる、恋愛運アップのおまじないを紹介します。


用意するものは、ピンクの折り紙で折った鶴一羽、自分の右手首から肘までと同じ長さの釣り糸、ピンク色のヘッドの画鋲、セロテープです。


折り鶴の背の部分に釣り糸をつけ、セロテープで止めます。 もう片方の端を画鋲に結び、部屋の西か、東南か、北の方角のうち、いつも目につく方位を選び、その方位の壁に飾ります。

もっと恋したい!早く結婚したい!
素敵な恋人と幸せになりたい方へ

当たる占いであなたの運命を知る

独り身の現状を恋愛運アップのおまじないで打破しよう

○ピンクの折り鶴で恋愛パワーを高めよう

このおまじないは、縁起物の象徴である鶴を、恋愛のパワーを持つピンクの折り紙で折ることでさらにその効果を高め、ピンクの画鋲で、恋愛運を呼び込む部屋の方角に飾ることで、日常的に恋愛運や結婚運を上げる効果が有ります。 いつも目につくところに置くのは、自分でも運を上げているなということを日々意識するためです。 そうすることで、おまじないの効果を助長してくれます。


このおまじないをするときに注意してほしいことは、できるだけ濃いピンクの折り紙を使うこと、折り方を途中で間違えないようにすることです。 折り方を間違えてしまったら、最初からやり直してください。 物体のもつパワーは、そのものが汚れたり傷ついたりすることで失われてしまいます。 折り方を間違えた鶴は、傷ついてしまったと同じ状態になります。 もったいないですが、間違えた折り紙は使わないようにしてください。


○恋愛パワーを高めていくために

おまじないの効果をさらに高めるには、最初におまじないをした曜日と同じ曜日に毎週1羽ずつ、1か月間4羽になるまで段々増やしていきましょう。 そうすることによって、徐々にパワーが高まり、効果もアップしていきます。 4羽になったらそれ以上増やす必要はありません。 折り紙の色も同じ色を使ってください。


4羽になった後、自分の主観で、恋愛運が上がった、と感じることあったら、1羽ずつはずしていきます。 はずした鶴は、きちんと折りたたんで捨てるようにしてください。 間違ってもぐしゃぐしゃにしてゴミとして捨てないことです。


1羽減ったら、またその翌週の同じ曜日に鶴を増やしてもかまいません。 このように繰り返していける間は、おまじないの効果が持続していきます。 4羽になったまま、減ることなく1か月経ったらすべて外して、綺麗に折りたたんで処分し、再度1羽からおまじないをすると、新しいパワーが充填されていきます。

恋愛成就出来る占いをする